適切なサイトで項目を確認してから適切な科を受診しよう

サイトメニュー

音に関する症状

耳を澄ます人

現れる症状や治療法について

聴覚過敏とは、日常的な普通の音も、我慢できないくらいの不快な音に聞こえてしまうという状態のことです。特定の音のみ不快に感じる、全ての音が大きく聞こえてうるさく感じる、頭に響くように聞こえるなど症状は人によって様々。症状が重いと、音が気になって日常生活を普通に送ることが出来なくなり、それが原因でストレス性のうつ病などを発症してしまうこともあります。聴覚過敏の原因は、大きく分けて三つあります。まず一つが、ストレスです。強いストレスを感じている状態では、脳が非常に敏感になり音が大きく聞こえるということがあります。そのため、特にストレスを感じやすい大人がなりやすいと言われています。心因性の病気の発症を防ぐためにも、セルフチェックは日ごろからするようにしましょう。二つ目が、耳の機能に関係することです。顔面神経麻痺や突発性難聴などの病気が原因で、骨の動きが弱まったり神経細胞の働きが鈍ったりして、聴覚過敏になることがあります。大人でも子供でも、発生する率はさほど変わりません。三つ目が、脳です。特に偏頭痛やてんかんを持っている場合、症状が出ているときは脳が覚醒し興奮状態になるため、脳が音の選択を出来ずすべての音が耳に入ってくるように感じます。治療のためには、まず自分がどのような原因で聴覚過敏になっているかをチェックする必要があるので、覚えておくと良いでしょう。

聴覚過敏の治療法について、まず耳の機能に関することが原因の場合は、耳鼻科を受診するのがおすすめです。耳鼻科では、耳鳴り治療法として行われているTRTと呼ばれる方法や、音響療法、カウンセリングなどが中心となって治療を進めていきます。TRTは、音の刺激が伝わる装置を耳につけて、一日一定時間雑音を聞かせます。そうすることで、聴覚過敏に慣れていき次第に症状が落ち着きます。脳の機能に関することが原因の場合は、神経科が良いでしょう。抗てんかん剤や頭痛薬など、薬物療法を主として治療を進めていくのが普通です。そしてストレスが原因の場合は、心療内科や精神科へ行くのがおすすめです。医師とのカウンセリングを通じて悩みやストレスを客観視させて浄化させていくことから治療が始まります。また、大人に限らず聴覚過敏は子供でもなってしまう場合があります。その場合、まずはかかりつけの小児科医に確認して、適切な病院を紹介してもらうという方法が良いでしょう。子供は大人比べ耳の機能も発達しきれていないので、聴覚のチェックなども入念に行う必要があります。聴覚過敏はつらい症状ですが、原因を突き止めて治療を行っていけば必ず改善します。気になる症状が出た場合は、すぐ適切な病院へ行きチェックしてもらうようにしましょう。